本文へ移動

森林組合の歴史

森林組合の沿革

2001年
4月2日、倉渕・榛名町・箕郷町・高崎市の4森林組合が合併し烏川流域森林組合発足
2002年
第1回通常総代会開催  フォワーダ(運材車)U-3A導入
2004年
初の女性作業員の就業
2011年
フォワーダU-3BGW導入  
2012年
森林経営計画に基づく間伐補助制度の開始
2013年
林産事業量 年間5,000㎥を超える
2014年
プロセッサ導入    ぐんま緑の県民税事業の開始
2016年
組合ホームページ開設   フェラ―バンチャザウルスロボ(作業道作設機)導入
2018年
フォワーダF-801導入
2019年
作業班を森林整備課に名称変更     ロングリーチハーベスタ導入

●合併前の各森林組合

1 倉渕森林組合

設立は1941年(昭和16年)1月16日。旧群馬郡倉田村と旧碓氷郡烏渕村の、県内では郡村境を越えた初の森林組合として設立されました。

2 榛名町森林組合

1941年(昭和16年)に旧群馬郡室田町を区域とする室田町森林組合が、その後1950年(昭和25年)には旧碓氷郡里見村に里見村森林組合、旧群馬郡久留馬村に久留馬村森林組合が設立されました。
1955年(昭和30年)に3町村が合併し旧群馬郡榛名町が誕生。1959年(昭和34年)6月17日に、町内の3組合が合併し榛名町森林組合が誕生しました。

3 箕郷町森林組合

1942年(昭和17年)に追補責任車郷村森林組合が設立され、その後、改正森林法施行により組織の変更を行い、1952年(昭和27年)3月27日に箕郷町森林組合が誕生しました。

4 高崎市森林組合

1945年(昭和20年)から有志が設立に向けて準備を始めましたが、第二次世界大戦の混乱の中、設立に至りませんでした。
1950年(昭和25年)再び開設準備を始め、1952年(昭和27年)3月16日に高崎市森林組合が設立されました。
TOPへ戻る